menu

沖縄の三菱ディーラー琉球三菱自動車販売株式会社です。新車のガイドツアーや展示車・試乗車、車両本体価格など新車購入に役立つ情報を満載。店舗案内、カタログ・見積もり・試乗のご請求も無料受付中です!

トップページ » お知らせ,新着情報,浦添店,琉球三菱自動車販売株式会社WEBサイト » 【浦添店】エボⅩ Final Concept 展示中!!

【浦添店】エボⅩ Final Concept 展示中!!

 

いつも琉球三菱をご愛顧くださいましてありがとうございます。

さて、ただ今琉球三菱浦添店では『ランサーエボリューションⅩ Final Concept』を展示しています!

こちらの車両、『東京オートサロン2015』に出展された大変貴重な一台なんです。

ショールームの奥にありますので、ぜひ皆さま見にきてください。

final Concept

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★当時の記事がありました。ファンの皆様、懐かしみながらご覧ください。

↓↓↓

 

東京オートサロン2015

三菱自動車、ユーザーの理想を具現化した480PSのエボX“最終進化型ストリートモデル”

クールに仕上げたコンセプトカーで魅せる三菱自動車ブース

2015年1月9日~11日開催

幕張メッセ・北ホール9にある三菱自動車ブースは赤と黒を基調としたデザイン

三菱自動車工業は1月9日~11日に幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区)で開催されている「東京オートサロン 2015 with NAPAC」の会場で、北ホール9にブースを展開。ここでの一番人気は「ランサーエボリューションX Final Concept」だ。

ブース奥側のステージ上に置かれた「ランサーエボリューションX Final Concept」

マットブラックのボディーには、ドアパネル下側に「FINAL CONCEPT」の文字が刻まれている

ベースになっているのはランサーエボリューションXのGSRグレード。5速MTモデルで公称出力は480PSである。このパワーを発生させるために三菱自動車がチョイスしたのが、アフターパーツメーカーであるHKS製のチューニングパーツだ。これについて三菱自動車の担当者からは「オートサロンはカスタムカーの祭典なので、ディーラーオプションのみを組み込んだクルマを展示しても、イベントの趣旨にあわないでしょう。それならもっと踏み込んだ内容でユーザーにアピールしたい」というコメントを聞かせてもらった。

ひと昔前では考えられない2社によるコラボレーションだが、現在のHKSはチューニングパーツメーカーという面のほかに、天然ガス車、LPG車などのシステムを開発したり、エンジンを製作して自動車メーカーに納入するサプライヤーでもある。それだけに、製品だけでなく企業としての信頼度も高くなっているため、今回のコラボも実現したのだ。

さて、このランサーエボリューションX Final ConceptにはHKS製の「GT IIタービン」が組み込まれ、純正仕様の300PSから480PSとなっているが、むやみにパワーを上げるだけではなく耐久性を高めることも考慮して、エンジン内部のヘッドガスケット、ピストンとコンロッドもHKS製の強化品に換えている。さらに吸気、排気系のパーツもフル交換して、それらの変更に合わせてHKSの「フラッシュエディター」というECUパーツを採用。このエンジン専用のセッティングが施されている。

「4B11」型MIVECツインスクロールターボエンジンはHKS製タービンの採用や吸排気系チューニングによって300PSから480PSに出力強化。むき出しのエアクリーナーが“いかにもチューニングカー”という雰囲気を醸し出す

ブーストコントローラーもHKSの「EVC6-IR」を使用

足下をチェックすると、サスペンションはHKSの「ハイパーMAX IV SP」を装着し、ホイールはRAYSの「VOLK RACING G25」、タイヤは「ADVAN NEOVA AD08R」がチョイスされ、パワーを生かしたサーキット走行にも十分対応する仕上げになっている。ちなみにマットブラックの外装はカラーシートによるラッピングである。

このように、ランサーエボリューションXに乗っているカスタム好きユーザーが求めるであろう“チューンドエボX”の姿が見事に実現されている。しつこいようだが、そんなクルマが自動車メーカーのブースに置かれているのは快挙と言ってもよいので、東京オートサロンを見に行ったときは、ぜひ三菱自動車ブースに足を運んでほしい。

マットブラックのボディーに合わせ、ホイールにはフォーミュラシルバー/ブラッククリアーのVOLK RACING G25を採用

ステアリング、シフトノブ、サイドブレーキレバー、レカロ製シートなどに赤いステッチを使用する

(2015/1/10 Car Watch の記事より抜粋)